愉しむ旅 長崎を楽しむ 3日間

2018年4月8日 出発

明治維新150周年企画 長崎を楽しむ旅より戻りました。
今回の旅は、長崎県観光課の方のご協力により実施ができました。
江戸時代から残る島原の武家屋敷では、名物「寒ざらし」の味を想像しながら散策を楽しみました。
約400年の歴史をもつ長崎の植木文化を、職人さんからお話を伺いながら、実際に植木、盆栽を拝見させていただきました。グラバー園では、名誉園長から幕末明治期にかけて、長崎の歴史を冗談を交えながらお話いただき、特別に一般公開をされていない秘密の場所にご案内をいただきました。
ツアー最終日は、明治日本の産業革命遺産、端島(軍艦島)上陸クルーズも、天気に恵まれ上陸をして観光を楽しむことができました。観光地として通常は訪れない場所に訪れ、楽しいお話を伺った特別な旅、そして何度も長崎を訪れた事のある方でも違った角度から楽しんで頂ける長崎の旅となりました。

ツアーコンダクター 末広 康人

フォトギャラリー

長崎夜景島原城下町島原城長崎の植木文化を体感1長崎の植木文化を体感2グラバー園内、秘密の場所へグラバー園より望む長崎市端島(軍艦島)端島(軍艦島)に運よく上陸団扇海老、長崎牛、鮑お好きなものを

ご案内したツアー:愉しむ旅 長崎を楽しむ 3日間