愉しむ旅 “海の京都” 丹後半島、若狭の旅 3日間

2018年9月19日 出発

 彼岸が近づき、この夏の暑さもようやく落ち着きを見せた9月中旬に、兵庫・城崎温泉、京都・天橋立、福井・若狭を旅してきました。

 名湯として名高い城崎温泉は開湯1400年ともいわれています。江戸中期の温泉番付にも西の関脇(大関は有馬)としてその名を残しています。温泉情緒あふれる町を、下駄を鳴らしながら歩く外湯巡りは、今では数少なくなった古き良き日本を感じられるひと時かもしれません。老舗旅館「西村屋」に宿泊し心ゆき届くおもてなしと、但馬の山海の幸に至福を感じました。
 また京都の観光は天橋立だけでなく、歴史深き元伊勢籠神社(このじんじゃ)を正式参拝。お神酒、お祓い、説話をしていただきました。そして最終日には福井県小浜市にある若狭神宮寺を訪れました。ここは奈良の東大寺の「お水取り」のお水を送る「お水送り」が行われる場所です。こちらでも神主さんや元宮大工の語り部の方に古来から重んじられている伝統についてお話をいただきました。

 日本を旅すれば、知っていた場所にもまだ知らない歴史やそこに息づいている文化・伝統をまだまだ知ることができます。まだグローバルの国内旅行に出かけられたこののない皆さんも、ぜひ一度はご参加してみてください。

ツアーコンダクター 酒巻 洋志

フォトギャラリー

オーベルジュ 幽歳から見る宮津湾老舗旅館「西村屋」のロビーラウンジ老舗旅館「西村屋」の中庭夕食後外湯巡りに出かけました(城崎温泉)舟屋の町 伊根町若狭神宮寺三方五湖をクルーズしました甘鯛の杉板焼き(西村屋)松葉ガニもいただきました(西村屋)松茸と香住アナゴの焼きちり(西村屋)

ご案内したツアー:愉しむ旅 “海の京都” 丹後半島、若狭の旅 3日間