「青の交響曲」と紀伊山地の寺社巡り
愉しむ旅 高野山と南紀白浜 3日間

2018年9月27日 出発

標高900m、天空の聖地 高野山の旅より戻って参りました。

旅の始まりは、日本一高いビル“あべのハルカス”57階にあるレストランにて大阪の景色を一望しながらのお食事です。“上質な大人の旅”がテーマの観光特急“青の交響曲”に揺られて約30分で橿原神宮前に到着。
橿原神宮では、神職の方に先導されて普段は立ち入ることの出来ない内拝殿へ。厳かな雰囲気の中で正式参拝が執り行われました。
翌日は、爽やかな初秋の風に吹かれながら高野山を観光です。
117もの寺が集う高野山ですが、2大聖地である、“壇上伽藍”と“奥之院”は特に荘厳な雰囲気を感じられました。五味・五色・五法で調理された精進料理は体に優しいお味でした。
最終日は、和歌山の景勝地“白浜”にて、国の名勝である千畳敷や三段壁を見学。ご宿泊は、全国的に有名なレストランが手掛ける“オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井”と、海の岬に建つホテル“海舟”にてごゆっくりとおくつろぎいただきました。
皆様も“美しい日本再発見の旅”へ出かけませんか?

ツアーコンダクター 加藤 千絵

フォトギャラリー

初代天皇即位の地 橿原神宮レストラン(オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井)遊び心のある前菜“ガーデニング”(オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井)奈良の食材を使ったお料理(オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井)高野山の二大聖地“壇上伽藍”金剛峯寺の石庭(高野山)五味、五色を大切にする精進料理(高野山)世界的な植物学者“南方熊楠”(白浜)源平ゆかりの闘鶏神社(田辺)白浜の海を一望しながらお寿司を堪能国の名勝 千畳敷(白浜)

ご案内したツアー:愉しむ旅 高野山と南紀白浜 3日間