愉しむ旅 松島・米沢・会津若松の旅 3日間

2018年11月12日 出発

秋の深まりを感じる松島、米沢、会津若松の旅より戻って参りました。約10年に渡る“平成の大修理”を終えたばかりの松島の瑞巌寺より観光が始まります。煌びやかで豪華な内装は圧巻! 独眼竜・伊達政宗公の気概が感じられました。伊達政宗公の生誕地であり、上杉の城下町である米沢では上杉謙信公を祀る上杉神社を見学。境内には、元米国大統領J.F.ケネディ氏が「日本で最も尊敬する政治家」に選んだ上杉鷹山公の像も建てられていました。かの有名な“なせば成る~”は現代にも受け継がれる精神です。
会津若松では、150年前の戊辰戦争の舞台となった白壁と赤瓦が印象的な鶴ヶ城や、二重らせん構造のさざえ堂を見学しました。お食事には、三大和牛の一つ米沢牛のステーキや、熊本に次ぎ2番目の生産量を誇る会津の馬肉など、ご当地の味をお召し上がりいただきました。朱、黄金、オレンジ色と秋色に染まる木々も楽しい旅に華を添えてくれました。

ツアーコンダクター 加藤 千絵

フォトギャラリー

五大堂の透かし橋(松島)紅葉と上杉神社(米沢)上杉鷹山公の像(米沢)米沢牛のステーキ色鮮やかに染まる木々(裏磐梯)鶴ヶ城(会津若松)新鮮な馬刺し(会津若松)さざえ堂(会津若松)

ご案内したツアー:愉しむ旅 松島・米沢・会津若松の旅 3日間