愉しむ旅 晩秋の京都 嵯峨野嵐山 3日間

2018年11月30日 出発

 11月半ばの季節外れの暖かさに、紅葉の色づきはどうなることかと心配しながらの出発でしたが、晩秋の嵐山は錦に色づき、保津川の翡翠色の水面とあいまって素晴らしい景色で迎えてくれました。
 保津川左岸の渡月橋すぐ近く、もともとは天龍寺の敷地内だった場所に佇む「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」に2連泊。嵐山の真ん中に宿泊することで、夜には大覚寺を幻想的に彩るライトアップ「真紅の水鏡」をお楽しみいただき、朝には人力車がホテルまでお迎えに上がり、まだ人気の少ない朝一番の嵐山を満喫していただきました。紅葉の穴場、宝筐院は小さな寺院ですが、庭園の燃えるように真っ赤な紅葉のトンネルは見事の一言。トロッコ列車の車窓を楽しみ、京馬車に揺られ、保津川下りの水しぶきに歓声をあげ、まるでちょっとした遠足気分で嵐山の旅の醍醐味を味わい尽くしていただきました。
 今回の旅のもう一つの目的は、年に2回しか見るチャンスのない美山かやぶきの里の一斉放水。静かなかやぶきの山里にいくつもの放水銃の水柱が立ち上る様を北山杉と紅葉の山を背景にご覧いただきました。京都から少し足を伸ばすだけで、どこか懐かしいのどかな景色が広がり、とても心落ち着く旅となりました。

ツアーコンダクター 澤山 裕美

フォトギャラリー

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の庭から眺める保津川ホテルの「大門」渡月橋善峯寺の境内を望む大覚寺(旧嵯峨御所)「真紅の水鏡」人力車で行く「竹林の小径」「宝筐院」の庭園落柿舎美山かやぶきの里 一斉放水美山かやぶきの里保津川下りの船より保津峡を渡るトロッコ列車

ご案内したツアー:愉しむ旅 晩秋の京都 嵯峨野嵐山 3日間