愉しむ旅 冬の風物詩・流氷を観る旅 4日間

2019年2月13日 出発

冬の風物詩・流氷を観る旅より戻ってまいりました。
今回の旅の1番の目的は、ツアーのタイトルにもなっている流氷をご覧いただくことでした。まずオホーツク流氷館を訪れ、5画面シアターや実際の流氷をご覧いただきながら体感し、実際に砕氷船「おーろら号」クルーズにて流氷を割って進む様子をご覧いただくことができました。
また、ネーチャーガイドの案内のもと、天然記念物のオオワシや、オジロワシを双眼鏡を片手にバードウォッチィングもお楽しみいただきました。もともと鳥にご興味がなかったお客様も興奮していらっしゃいました。
また、鶴居村では「鶴居・伊藤サンクチュアリ」を訪れ、求愛のシーズンに入ったタンチョウの様子もご覧いただきました。
今回は網走に2泊、阿寒湖に1泊しましたが、特に阿寒湖で宿泊した「鶴雅リゾート別邸 鄙の座」は大人の隠れ家的宿で、お部屋に露天風呂もついており、お食事も目にも美しく、ホスピタリティ溢れるサービスで優雅な休日をお過ごしいただくことができました。
すでに夏に道東を訪れたことのある方でも、ぜひ魅力ある冬の道東へ足をお運びください。

ツアーコンダクター 我喜屋 直樹

フォトギャラリー

流氷の天使「クリオネ」愛くるしい姿の「フウセンウオ」流氷を割って進む砕氷船「おーろら号」移動の途中で立ち寄ったメルヘンの丘阿寒湖で宿泊した「鶴雅リゾート別邸 鄙の座」「造里・与種盛合わ」幻の魚いとうや本鮪、雲丹、牡丹海老求愛のシーズンに入ったタンチョウあたたかいおもてなしのレストラン「ハートンツリー」

ご案内したツアー:愉しむ旅 冬の風物詩・流氷を観る旅 4日間