雑学観光 利尻・礼文の旅 4日間

2019年7月16日 出発

利尻、礼文の旅より戻りました。
今年の関東は梅雨寒でしたが、最北端の離島にしては暖かい気候で、曇り空もありましたが、ほとんどが晴天の中の観光で、花々や離島の暮らしぶりをご覧いただきました。海抜0メートルから高山植物を楽しめるとあって、別名、花の浮島の名にふさわしい、たくさんのお花を堪能することができました。
また、島の人々の暮らしぶりを見るとして、地元のホッケ漁の漁師や昆布の仕分け人などに話を聞き、普段では聞けない話をたくさん聞くことができました。
食事は、今が旬のエゾバフンウニやボタンエビ、アワビ、ホッケなど、この地ならではの新鮮な海産物をお召し上がりいただきました。
この時期にしか出会えないものがたくさんありますので、訪れたことがない方は、ぜひこの時期に訪れてみてください。

ツアーコンダクター 佐藤 堅太郎

フォトギャラリー

南浜湿原と利尻山南浜湿原での花々江戸屋山道での花々①江戸屋山道での花々②ホテルからの利尻山澄海岬ホッケ漁の仕分け作業昆布の仕分け作業ホッケのちゃんちゃん焼き海の幸づくしのお食事エゾバフンウニの丼ぶり

ご案内したツアー:雑学観光 利尻・礼文の旅 4日間