愉しむ旅
大阪・なにわを愉しむ 3日間

2019年9月17日 出発

初めて「大阪・なにわを愉しむ」を企画・実施しました。
大阪でイメージするものは、「お好み焼き」「たこ焼き」「お笑い」などですが、今回ご参加いただいた皆様も、それぞれイメージを持ちつつも、未だ一度も観光で大阪に訪れたことはないという方々でした。
大阪は京都、奈良に都があった頃から流通の玄関口、熊野参拝への出発地として、また、遣唐使・遣隋使の出発帰着の地として大陸から仏教が入ってきた玄関口でした。江戸時代に開削された道頓堀沿いには、庶民が楽しめる娯楽の浄瑠璃や文楽、歌舞伎などの小屋ができ、食事処が沢山立ち並んだ街、そして、中之島では米をはじめとした食料品などが集まり取引が頻繁に行われた街、取引をスムーズにすすめる為に笑いの文化が生まれた街など、独特の歴史と文化を持った街です。そんな「大阪・なにわ」を特別ゲストの小嶋一郎先生、若手噺家の桂紋四郎さんにご案内を頂きました。ルレ・エ・シャトーの料亭でのお食事や、一般には出回らない大阪で採れた野菜を使った料理などお食事もお楽しみいただき、「ザ・リッツ・カールトン大阪」に2連泊をして、新・旧両面の大阪をたっぷりと満喫いただいた旅となりました。

ツアーコンダクター 末広康人

フォトギャラリー

名物グリコの看板四天王寺の中心伽藍四天王寺の中心伽藍その2新世界での通天閣淀川邸で落語を一席内堀から望む大阪城大阪で採れた新鮮な野菜料理1料理2料理3

ご案内したツアー:愉しむ旅 大阪・なにわを愉しむ 3日間