万葉集の舞台を訪ねる
飛鳥・大和路 3日間

2019年10月17日 出発

 万葉集の舞台 まほろばの奈良の旅より戻ってまいりました。


 今回は、奈良時代の政治・文化の中心地「平城宮跡」から始まり、昨年300年ぶりに再建された興福寺の中金堂や聖徳太子の生誕の地『橘寺』も訪れました。旅の最後には世界最古の木造建築が残る法隆寺や中将姫の尊い物語が残る當麻寺を訪れ、古来より伝わる『當麻曼荼羅の絵解き』を拝聴し、特別に剃髪堂の導き観音様をお参りしました。

 この旅では、案内人・小嶋一郎先生に同行いただき、先生ならではのユニークな視点で仏像の魅力に迫りました。先生のお話は、一見難しい仏の世界を分かりやすく説明いただき、仏の世界が身近に感じたような気がしました。


 宿泊はスモールラグジュアリーに加盟している「登大路ホテル奈良」と小さなオーベルジュ「オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井」に宿泊し、どちらのホテルも地元で採れた食材を使った料理やホスピタリティあふれるおもてなしを受けました。


 華やかな京都とは違った落ち着いた時間の流れる奈良も魅力がたくさんありますので、ぜひお出かけください。

ツアーコンダクター 上田 裕太

フォトギャラリー

一面にコスモスが咲く「般若寺」登大路ホテルホテル内ラウンジ飛鳥寺の大仏聖徳太子生誕の地「橘寺」棚田百選にも選ばれた稲渕の棚田オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井からの眺め世界最古の木造建築が残る法隆寺築160年の旧旅籠(登録有形文化財)を利用したお食事処「玉や」當麻寺中之坊の庭園

ご案内したツアー:万葉集の舞台を訪ねる 飛鳥・大和路 3日間