愉しむ旅 大陸からの道 対馬・壱岐島
古代からの架け橋の島々へ

2016年5月23日 出発

愉しむ旅 対馬・壱岐島の旅に同行いたしました。
大陸航路の要塞であり、歴史上国防の最前線となった対馬では、外交の最前線に立たされていた対馬の人たちの苦労がよくわかり、壱岐島では多くの神々が宿っていることがよくわかりました。日程には記載をしていない今回の旅のサプライズは、無形重要文化財に指定されている、壱岐神楽をご覧いただき、皆様に喜んでいただきました。食事は申し分なく、新鮮な海の幸を堪能しました。5月に解禁となるムラサキウニ、天然うなぎ、壱岐牛、そしてこの時期には珍しい赤ウニも食しました。宿は、知る人ぞ知る「海里村上」に2連泊の貸切。温泉もおもてなしも堪能したひと時でした。感謝したいのは地元の方たち。チーム一丸となって我々をもてなしてくれる姿に感動しました。是非、来年の愉しむ旅で対馬・壱岐島へお出かけください。

ツアーコンダクター 末広 康人

フォトギャラリー

対馬の景色海女さんを守るはらほげ地蔵聖母宮の宮司さん壱岐神楽赤ウニ壱岐牛天然アワビの赤ウニ盛りサザエの和風焼きと洋風焼き玄界灘に沈む夕陽「海里村上」にてチーム防人の皆さん