愉しむ旅 秋の黒部峡谷と五箇山 3日間

2016年10月31日 出発

黒部峡谷と合掌造りの五箇山で”美しい日本を再発見”してきました。
宇奈月駅から黒部峡谷沿いをトロッコ列車の旅。宇奈月周辺では、まだ山々も緑が目立つほどでしたが、峡谷を進むほどに紅葉が進み、エメラルドグリーンの黒部川に黄色い葉が影を落とす様子が清らかでした。
五箇山では雨に降られたものの、しっとりと濡れる合掌造りの家々と霧の立ち込める庄川の渓谷がまた幻想的。五箇山で一番大きな合掌造りの岩瀬家を訪れ、囲炉裏を前に特別に五箇山民謡とこきりこ踊りを鑑賞させていただき、この地で生まれた芸能がしっかりと守られ受け継がれていることに感銘を受けました。
そして、前日の雨がすっかり晴れた雨晴海岸。富山湾の向こうに頂上に雪を抱いた立山連峰を望むことができ、見事な眺望がこの旅の最後のページを飾ってくれました。
憧れの隠れ家「リバーリトリート雅樂倶」での2連泊が、さらに旅を素敵に彩ってくれた3日間でした。

ツアーコンダクター 澤山 裕美

フォトギャラリー

黒部峡谷を走るトロッコ列車五箇山 相倉民俗館五箇山 菅沼集落雨晴海岸より立山連峰を望む北前船廻船問屋「森家」リバーリトリート雅樂倶「楽味」お夕食の一品リバーリトリート雅樂倶「楽味」お夕食の一品リバーリトリート雅樂倶 前衛的フレンチ「L’evo」お夕食の一品リバーリトリート雅樂倶 前衛的フレンチ「L’evo」お夕食の一品新湊 浪花鮨本店での昼食