雑学(うんちく)観光 出雲・鳥取の旅 3日間

2016年11月9日 出発

出雲・鳥取の旅より戻って参りました。
今回は出雲大社に全国の神様が集まる時期の訪問です。全国的には旧暦の10月は神無月(神様がいない月)と呼ばれていますが、出雲では神在月(神様が全国から集まる月)と呼ばれています。出雲大社に神様を迎える神迎祭は、今年は11/9に行われました。日本海に面した稲佐の浜で「神様」を迎える神迎神事が厳かに行われ、翌日から出雲大社にて人々の人生諸般の事柄を神議り(かむはかり)にかけて決められる神様の会議が1週間執り行われます。出雲大社ではお客様全員で正式参拝を行い、いろいろなお願い事をしてきました。また足立美術館では13年連続日本一の庭を鑑賞したり、横山大観などの絵画コレクションも堪能しました。鳥取の地震直後で心配をしましたが、ほとんど影響はなく砂丘観光や砂の美術館鑑賞、三朝温泉、11/6に解禁した松葉ガニなどいろいろと堪能した旅でした。

ツアーコンダクター 佐藤 堅太郎

フォトギャラリー

銅剣と銅鐸が発見された荒神谷遺跡神様が通る道 神迎祭荒神谷遺跡で発見された銅剣出雲大社松江名物の鯛めし足立美術館の日本庭園雪を被った大山因幡の白ウサギで有名な白兎神社鳥取市内にあるわらべ館今年は南米がテーマの砂の美術館