連邦共和国 現地情報
〜旅の準備にお役立てください〜

基本情報

国名:連邦共和国
面積:約851万2000平方キロメートル
人口:約2億784万人(ブラジル地理統計院推定、2015年 世銀)
時差:リオ・デ・ジャネイロ、サン・パウロ、ベレンなどは日本より-12時間(サマータイム中は-11時間) 北西部のマナウスでは-13時間。 リオ・ブランコは-14時間。 サマータイムは各州で異なり、ブラジリア、サン・パウロ、リオ・デ・ジャネイロ州などは10月第2日曜~2月第3日曜までが、夏時間を採用しており、時計を1時間進める。
宗教:キリスト教(カトリック約65%、プロテスタント約22%、無宗教8%)
公用語:ポルトガル語

*おはよう・・・Bom dia ボン・ディーア
*こんにちは・・・Boa tarde ボア・タールデ
*こんばんは・・・Boa noite ボア・ノイテ
*ありがとう・・・Obrigado オブリガード
*お願いします・・・Por favor ポル・ファボール
*はい/いいえ・・・Sim スィン / Não ナォン


通貨・両替・チップ

【通貨】

通貨単位・略号:レアル Real 複数の場合は「ヘアイス」と数える。 補助通貨:1レアル=100センターボ = Centavo    

【両替】

日本からはUSドル紙幣をお持ちください。1ドル、5ドル札などの小額紙幣を多めにお持ちになると便利です。基本的に観光用のホテルやレストラン、お土産屋ではUSドルをそのままご利用いただけます。

【チップ】

「ホテル」枕チップは一日1ドル程度を目安。
「レストラン」お飲み物を頼まれた時は10~15%程度。
「トイレ」不要です。


電圧/プラグ

電圧:110/220ボルト  
プラグタイプ:Aタイプ、Cタイプ、Nタイプ(Cタイプで対応可能)


水道水は飲料用に適していませんので、ミネラルウォーターをお飲みいただくことをお薦めいたします。


気温

リオ・デ・ジャネイロ

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温 34℃ 34℃ 33℃ 32℃ 31℃ 29℃ 29℃ 31℃ 32℃ 32℃ 32℃ 33℃
最低気温 19℃ 24℃ 20℃ 18℃ 16℃ 15℃ 14℃ 14℃ 16℃ 16℃ 17℃ 18℃
降水量 151㎜ 148㎜ 153㎜ 118㎜ 87㎜ 42㎜ 47㎜ 51㎜ 52㎜ 87㎜ 107㎜ 136㎜

マナウス

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温 30℃ 30℃ 30℃ 30℃ 31℃ 31℃ 31℃ 32℃ 33℃ 33℃ 32℃ 31℃
最低気温 23℃ 23℃ 23℃ 23℃ 23℃ 23℃ 23℃ 23℃ 24℃ 24℃ 23℃ 23℃
降水量 201.1㎜ 188.9㎜ 191.1㎜ 211.2㎜ 158.7㎜ 118.4㎜ 40.5㎜ 39.3㎜ 60㎜ 63.7㎜ 16.1㎜ 130.1㎜

サンルイス

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温 31℃ 30℃ 30℃ 31℃ 32℃ 32℃ 32℃ 32℃ 32℃ 33℃ 32℃
最低気温 24℃ 24℃ 24℃ 25℃ 24℃ 24℃ 25℃ 25℃ 25℃ 26℃ 26℃
降水量 143.5㎜ 185.8㎜ 224.7㎜ 259.6㎜ 182㎜ 97.4㎜ 64㎜ 17.8㎜ 5.3㎜ 2.5㎜ 13.4㎜ 40.3㎜

服装

※夏服を基本にお持ちください。又、朝晩の冷え込みに備え、カーディガンやトレーナーなどもお持ちください。
※日中は、日差し・蚊除け対策として薄手の長袖のシャツと長ズボンがお勧めです。又、日差しが強いので、サングラスや帽子も必需品です。
※ウィンドブレーカー等ナイロン製の上着があると、雨が降った際のレインコート代わりにもなり便利です。
※スニーカーなどの歩きやすく履きなれた靴をご用意ください。
※特にお洒落着は必要ありません。
《イグアスの滝の観光について》
滝を間近に望む展望台やボートツアーでは、全身がずぶ濡れになります。フード付きのレインコート、水着、Tシャツなど、濡れてもよい服装とタオルをご用意ください。カメラ・ビデオが濡れないように、ビニール袋もあると便利です。また、足元も濡れますので、履き替えられるよう靴またはサンダルをご用意いただくことをお勧めします。


お持ち物

※虫よけ(シール式・パッチ式、塗るタイプ、電池式のベープマットなど)
※ウェットティッシュ、ポケットティッシュ(多めにご用意ください)
※カメラの電池(多めにお持ちください。現地購入は割高です)、メモリーカード、
携帯電話やデジカメの充電器
※プラグセット(海外対応の日本製品を使う場合)、変圧器
※サングラス、帽子、日焼け止め
※雨具、折りたたみ傘(日傘兼用のものが便利です。雨が降ることもございます)、レインコート
※水着(レンソイスのコースでは、ラグーンで泳ぐこともできます)、サンダルやウォーターシューズ、水中ゴーグル
※観光中のリュックサック
※懐中電灯
※ビニール袋(濡れた衣類を入れるのに便利です)


国際電話のかけ方

00(国際電話識別番号)⇒81(日本の国番号)⇒市外局番と携帯電話の最初の0を除いた番号

【現地から日本へ】
00+81(日本の国番号)+市外局番(0は省略)+相手の番号
※ホテルのお部屋からかける場合は、00の前に特定の番号をつける場合があります。


郵便

日本へのエアメールの場合、ハガキおよび20gまでの封書が2.7レアル、だいたい1週間~10日くらいで届きます。



滞在時のご注意

都市部ではスリや置き引きが多発しています。ホテルの朝食会場や空港で荷物を置いたままにしないことや、観光中も荷物に注意することが大切です。また必要以上に着飾るとターゲットになりやすいのでご注意ください。


免税手続き

免税はありません。

※外務省/各国・地域情勢 参照

※MSN天気予報、世界気象機関(WMO) データ参照