コスタリカ 現地情報
〜旅の準備にお役立てください〜

基本情報

国名:コスタリカ
面積:51,100平方キロメートル
人口:約481万人(2015年 世界銀行)
時差:日本より-15時間
宗教:カトリック教(国教、但し信教の自由あり)
公用語:スペイン語

*こんにちは・・・Hola オラ(1日中いつでも使えます。)
*おはよう・・・Buenos días ブエノス・ディアス
*こんにちは・・・Buenas tardas ブエナス・タルデス
*ありがとう・・・Gracias グラシアス
*お願いします・・・Por favor ポル・ファボール
*はい・・・Si シー *いいえ・・・No ノ


通貨・両替・チップ

【通貨】

コスタリカ・コロン Colon(¢と表記)    

【両替】

※ほとんどの場所でアメリカドルがそのまま使えますので、日本からはアメリカドルをご用意ください。
※クレジットカード: VISAカード、マスターカードが便利です。

【チップ】

【ホテル】枕チップ一人1アメリカドル程度。ツアーでご参加の場合ポーターへのチップは不要です。


電圧/プラグ

電圧:120ボルト 
プラグタイプ:Aタイプ(日本と同タイプ)またはBタイプ(日本のAタイプがそのままご利用いただけます)


水道水は安全であるとされていますが、飲料用にはミネラルウォーター(ペットボトル)をご利用ください。


服装

●サラピキとコルコバード国立公園は熱帯雨林に属し、高温多湿の気候です。
●マヌエル・アントニオ国立公園とアレナル火山周辺は30度を超え暑いので夏服ですが、日焼け止めと虫除け対策として薄手の長袖長ズボンをご用意ください。サン・ヘラルド・デ・ドタの朝晩は10度以下に気温が下がるのでフリースなどの暖かい服が必要です。
●ホテルでは暖房器具があまり温まらず室内が寒いので、暖かいパジャマが必要です。
●ウィンドブレーカー等ナイロン素材の上着があると、雨が降った際のレインコート代わりにもなり便利です。
●お夕食時のドレスコードは、特にございません。


お持ち物

●帽子、サングラス、日焼け止めクリーム等(日よけ対策)
●水着
●ビニール袋(濡れた衣類を入れるのに使えます。)
●変圧器(海外の電圧に対応していない製品の場合)
●カメラ、ビデオ、携帯電話など電気製品の充電器や予備電池、メモリーカード
●リップクリーム、保湿クリーム、目薬(乾燥対策)
●ウェットティッシュ、ポケットティッシュ
●洗面用具一式
●常備薬
●雨具(日傘兼用の傘のもの。両手があくレインコートも併せてお持ちいただくと便利です)
●折りたたみ椅子、ピクニックシートなど(バードウォッチングの際便利です)
●虫除け
●両手のあくリュックサック
●タオル


国際電話のかけ方

【日本(固定電話)から現地へ】 KDDI 011(※)/NTTコミュニケーションズ 003(※)+010+501(ベリーズの国番号)+市街局番(0は省略)+相手の番号 ※マイライン登録済の場合は不要です。 ※携帯電話からの掛け方は携帯電話会社や機種の設定により異なります。

【現地から日本へ】
00+81(日本の国番号)+市外局番(0は省略)+相手の番号
※ホテルのお部屋からかける場合は、00の前に特定の番号をつける場合があります。


郵便

日本まではがきは¢605、封書は20gまで¢710。町なかにポストはほとんどないので、国際空港や郵便局で投函するか高級ホテルのフロントに依頼します。届くまで1~2週間かかります。



滞在時のご注意

都市部ではスリや置き引きが多発しています。ホテルの朝食会場や空港で荷物を置いたままにしないことや、観光中も荷物に注意することが大切です。また必要以上に着飾るとターゲットになりやすいのでご注意ください。


※外務省/各国・地域情勢 参照

※MSN天気予報、世界気象機関(WMO) データ参照