ノルウェー 現地情報
〜旅の準備にお役立てください〜

基本情報

国名:ノルウェー
面積:約38万6000 平方キロメートル
人口:約525万8317人(2016年12月31日:ノルウェー中央統計局)
時差:日本より-8時間(サマータイム期間中は-7時間)
宗教:福音ルーテル派が大多数を占める
公用語:ノルウェー語

おはよう・・・ God morgen グモーン
こんにちは・・・ God dag グダーグ
ありがとう・・・ Takk タック
はい/いいえ・・・ Ja ヤー / Nei ナイ


通貨・両替・チップ

【通貨】

ノルウェー・クローネ(NOK)    

【両替】

<スピッツベルゲン島クルーズ>
●船内含め現地通貨はノルウェー・クローネです。現地で両替できます。各観光地のお土産屋やホテルなどではユーロがそのままご利用頂ける場所もございますので、小額紙幣をお持ちいただくと便利です。
●クレジットカード:VISA、マスターが便利です。(オスロ滞在時)
船でグッズ販売などの支払いは現金のみとなります。
※クルーズ中のお食事の際のドリンク代は含まれております。

*******************************************************
・日本の空港で両替が可能ですので、日本で予めノルウェー・クローネをご用意いただくことをおすすめします。(現地では両替へご案内するのが難しく、レートもあまり良くありません。)

【チップ】

<スピッツベルゲン島クルーズ>
詳しくは、別紙「ストックホルム号インフォメーション」をご覧ください。
<オスロ滞在時>
「ホテル」枕チップ一人NOK5程度。ツアーでご参加の場合ポーターへのチップは不要です。
レストラン」(フリーのお食事の時)サービス料込の場合は端数程度、サービス料が含まれていない場合は食事代の7~10%程度。
「タクシー」大きな荷物を持ってもらった時や、通常の乗車の場合も料金の端数分を渡すのが普通。
****************************************************
基本的には不要です。心づけ程度、以下を目安にお支払いください。
「ホテル」枕チップ一人NOK5程度。ツアーでご参加の場合ポーターへのチップは不要です。
レストラン」(フリーのお食事の時)サービス料込の場合は端数程度、サービス料が含まれていない場合は食事代の7~10%程度。
「タクシー」大きな荷物を持ってもらった時や、通常の乗車の場合も料金の端数分を渡すのが普通。



電圧/プラグ

電圧:220~230ボルト
プラグタイプ:Bタイプ、Cタイプ
***************************
<スピッツベルゲン用>
電圧:220~230ボルト
プラグタイプ:B/Cタイプ


水道水も問題なく飲めますが、水質が日本と異なるため、気になる方はミネラルウォーターをお飲みください。
****************************************************
<スピッツベルゲン島クルーズ>
キャビン内の水道水はお飲みいただけます。
<オスロ滞在時>
水道水も問題なく飲めますが、水質が日本と異なるため、気になる方はミネラルウォーターをお飲みください。


気温

オスロ

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温 -1.8℃ -0.9℃ 3.5℃ 9.1℃ 15.8℃ 20.4℃ 21.5℃ 20.1℃ 15.1℃ 9.3℃ 3.2℃ -0.5℃
最低気温 -6.8℃ -6.8℃ -3.3℃ 0.8℃ 6.5℃ 10.6℃ 12.2℃ 11.3℃ 7.5℃ 3.8℃ -1.5℃ -5.6℃
降水量 49.0㎜ 36.0㎜ 47.0㎜ 41.0㎜ 53.0㎜ 65.0㎜ 81.0㎜ 89.0㎜ 90.0㎜ 84.0㎜ 73.0㎜ 55.0㎜

服装

<スピッツベルゲン島クルーズ>
<クルーズ中の服装>
■ジャケット(パルカ)と上陸の際に必要な長靴をご用意しております。
■船内は暖かいので、セーターやフリース1枚で十分です。
※その他詳しくは、別紙「ストックホルム号インフォメーション」をご覧ください。
<オスロでの服装>
↓↓↓↓↓↓↓↓
***************************

※履きなれた歩きやすい靴をご用意ください。

春(4~5月)
4月はまだ寒い日が続き、地域によっては雪が降ることもあります。厚手のコートやマフラー、手袋等の防寒具をご用意ください。また、5月になると徐々に気温が上がり、日中お天気が良ければ、コートの必要がないほど暖かくなりますが、朝晩、曇や雨の日に備えてコート等の防寒着をご用意ください。

夏(6~8月)
日中お天気が良ければ、半袖シャツや薄手の長袖シャツでもお過ごしいただけます。但し、朝晩は涼しくなりますので、薄手のジャケットやカーディガンなどをお持ちください。また、30度近くまで上がる日もあり、日差しが強くなりますので、帽子やサングラスなども日差し対策にご用意ください。フィヨルド観光の際は、上着や雨具をご用意ください。

秋(9月~11月)
9月は日中お天気が良ければ薄手の長袖シャツで過ごせる気候ですが、朝晩はジャケットやカーディガン等が必要となります。また、雨が降ると冷え込む場合がありますので、薄手のコートやセーターもお持ちいただくことをおすすめします。10月以降は徐々に気温が下がり始めます。厚手のコートやセーター、また、気温や天候の変化に備え、重ね着のできる服装をご用意ください。

冬(12月~2月)
寒さが厳しくなります。冬物のコートや厚手のセーター、フリース、マフラー、帽子、手袋等の防寒具が必要です。また、足元は底の厚い靴と厚手の靴下をご用意ください。



お持ち物

<スピッツベルゲン島クルーズ>
■カイロ
■エクスカージョン用のバッグ(防水加工が施されたリュックサックやバッグがおすすめです。)
■折りたたみ傘、雨具
■プラグセット(海外対応の日本製品を使う場合)
■スリッパ(船内にご用意はありません)
※その他詳しくは、別紙「ストックホルム号インフォメーション」をご覧ください。
***************************

※ウェットティッシュ、ポケットティッシュ
※カメラ、予備電池(多めにお持ちください。現地購入は割高です。)、メモリーカード、携帯電話やデジカメ等の充電器
※プラグセット(海外対応の日本製品を使う場合)
※折りたたみ傘、雨具


国際電話のかけ方

【日本(固定電話)から現地へ】 
KDDI 011(※)/NTTコミュニケーションズ 003(※)+010+47(ノルウェーの国番号)+市街局番(0は省略)+相手の番号 
※マイライン登録済の場合は不要です。 
※携帯電話からの掛け方は携帯電話会社や機種の設定により異なります。

【現地から日本へ】
00+81(日本の国番号)+市外局番(0は省略)+相手の番号
※ホテルのお部屋からかける場合は、00の前に特定の番号をつける場合があります。


郵便

日本へのエアメールの場合、ハガキ1枚および20gまでの封書が21NOK、約1週間で届きます。


免税手続き

1日に1店舗で合計315NOK(15%の場合は290NOK)以上の買い物をすると、商品価格に含まれている最大19%の付加価値税(VAT)の一部払い戻しが受けられます。
※商品が未使用の場合に限ります。
※空港によって手続き方法が異なります。詳しくはツアーコンダクターよりご案内いたします。
※免税措置を取り扱わない店もあります。また店によって免税額が異なる場合もあります。


※外務省/各国・地域情勢 参照

※MSN天気予報、世界気象機関(WMO) データ参照