ロシア 現地情報
〜旅の準備にお役立てください〜

基本情報

国名:ロシア
面積:約1,710万平方キロメートル
人口:1億4,680万人
時差:日本より-6時間
宗教:ロシア正教、イスラム教、仏教、ユダヤ教等
公用語:ロシア語

*おはよう・・・Доброе утро ドーブラェ ウートラ
*こんにちは・・・Добрый день ドーブルィ ディェン
*ありがとう・・・Cпасибо スパシーバ
*お願いします・・・Пожалуйста パジャールスタ
*はい/いいえ・・・Да ダー / Нет ニェートゥ


通貨・両替・チップ

【通貨】

ロシア・ルーブル 補助通貨単位はカペイカ    

【両替】

・現地の銀行や両替所で、日本円、USドル、ユーロからルーブルへの両替が可能です。ただし、日本円からの両替が可能な場所は限られますので、USドルまたはユーロをお持ちいただくことをおすすめします。
・ルーブルから他通貨への再両替はほとんど出来ませんので、小額の紙幣をご用意いただくことをおすすめします。
・クレジットカード:クレジットカードは、ホテルや高級デパートなどで使用することができます(VISAやマスターカードなど)。それ以外の場所でのクレジットカードのご利用はおすすめしません。尚、モスクワではクレジットカード利用の際、パスポートの提示を求められる場合があります。

【チップ】

「ホテル」枕チップ一人1ルーブル程度。
「トイレ」一部有料の箇所は約5〜10ロシア・ルーブル程度。


電圧/プラグ

電圧:220ボルト 
プラグタイプ:Cタイプ


水道水は飲料用に適していませんので、ミネラルウォーターをお飲みいただくことをお勧めします。


気温

モスクワ

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温 -5℃ -4℃ 2℃ 11℃ 18℃ 22℃ 24℃ 22℃ 15℃ 8℃ 0℃ -4℃
最低気温 -8℃ -9℃ -5℃ 2℃ 8℃ 12℃ 14℃ 12℃ 8℃ 3℃ -3℃ -8℃
降水量 39.9㎜ 32.5㎜ 27.2㎜ 24.2㎜ 39.2㎜ 59.3㎜ 55.6㎜ 56.4㎜ 46.1㎜ 49.9㎜ 38.2㎜ 35.7㎜

サンクト・ペテルブルク

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温 -4℃ -4℃ 1.1℃ 8.1℃ 15.6℃ 20.1℃ 21.9℃ 20.0℃ 14.5℃ 8.0℃ 1.0℃ -2℃
最低気温 -8℃ -8℃ -5.2℃ 0.6℃ 6.5℃ 11.4℃ 13.9℃ 12.8℃ 8.1℃ 4.0℃ -2℃ -6℃
降水量 31.5㎜ 24.8㎜ 35.0㎜ 33.0㎜ 38.0㎜ 58.0㎜ 80.0㎜ 81.0㎜ 69.0㎜ 43.7㎜ 38.2㎜ 31.3㎜

服装

※気温や天候の変化に備え、調節出来る服装をご用意ください。日中も急に冷え込むことがありますので、カーディガンや薄手のコートなどの防寒用の上着をお持ちください。
※日本と比較して気温が低く、朝晩は冷え込みます。また天候により寒暖差がありますので、防寒用の上着やセーター、カーディガン、軽いダウンなどをご準備の上、重ね着で調節できる服装をおすすめします。ウィンドブレーカー等ナイロン製の上着があると、雨が降った際のレインコート代わりにもなり便利です。
※市内観光時、石畳の道が多いため、歩きやすく履きなれた靴をご用意ください。


お持ち物

・折りたたみ傘(日傘兼用があれば便利です)、雨具
・プラグセット(日本製品を使う場合)
・カメラ、ビデオ、携帯電話等の充電器、メモリーカード
・洗面用具一式
・常備薬
・ウェットティッシュ、ポケットティッシュ
・保湿クリームやリップクリーム(乾燥対策)
・日焼け止めクリーム、帽子、サングラス(日本と違い日差しが強いです)
・小さめのかばん(A4サイズ以内が目安です。観光箇所によっては、大きな荷物を持ち込むことができません。)
・双眼鏡、オペラグラス(劇場や、観光箇所で遠方や天井の装飾などを見るため。)


国際電話のかけ方

【日本(固定電話)から現地へ】 KDDI 011(※)/NTTコミュニケーションズ 003(※)+010+7(ロシアの国番号)+市街局番(0は省略)+相手の番号 ※マイライン登録済の場合は不要です。 ※携帯電話からの掛け方は携帯電話会社や機種の設定により異なります。

【現地から日本へ】
00+81(日本の国番号)+市外局番(0は省略)+相手の番号
※ホテルのお部屋からかける場合は、00の前に特定の番号をつける場合があります。


郵便

日本へのエアメールの場合、ハガキは19ロシア・ルーブル、20gまでの封書が22.5ロシア・ルーブル。届くまでに10日~3週間かかることもあります。



滞在時のご注意

都市部ではスリや置き引きが多発しています。ホテルの朝食会場や空港で荷物を置いたままにしないことや、観光中も荷物に注意することが大切です。また必要以上の装飾品はスリの標的になりやすいのでご注意ください。


※外務省/各国・地域情勢 参照

※MSN天気予報、世界気象機関(WMO) データ参照