シンガポール 現地情報
〜旅の準備にお役立てください〜

基本情報

国名:シンガポール
面積:約716平方キロメートル
人口:約540万人(うちシンガポール人・永住者は384万人)(2013年9月)
時差:日本との時差は-1時間(サマータイム期間なし)
宗教:仏教、イスラム教、キリスト教、道教、ヒンズー教
公用語:国語はマレー語。公用語として英語、中国語、マレー語、タミール語。

【英語の挨拶】
*おはよう・・・Good morning グッド モーニング
*こんにちは・・・Good afternoon グッド アフタヌーン
*ありがとう・・・Thank you サンキュー
*お願いします・・・Please プリーズ
*はい/いいえ・・・Yes イェス / No ノー


通貨・両替・チップ

【通貨】

シンガポール・ドル(S$)    

【両替】

現地にて日本円からシンガポール・ドルへの両替パックをご用意致します。
*ホテル・フロント、空港の両替所、銀行でも両替は可能です。

【チップ】


電圧/プラグ

電圧:230V
プラグ:主にBFタイプ
※ホテルによって異なりますので、マルチタイプのプラグがおすすめです。


シンガポールの上水道はWHO(世界保健機関)の審査基準をクリアしており、生水を飲むことができます。ただし、胃腸が弱い人は、ミネラルウォーターや市販の飲用水を飲むことをおすすめします。


気温

シンガポール

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温 30℃ 31℃ 31℃ 32℃ 32℃ 31℃ 31℃ 31℃ 31℃ 31℃ 31℃ 30℃
最低気温 23℃ 24℃ 24℃ 24℃ 25℃ 25℃ 24℃ 24℃ 24℃ 24℃ 24℃ 23℃
降水量 198㎜ 154㎜ 171㎜ 141㎜ 158㎜ 140㎜ 145㎜ 143㎜ 177㎜ 167㎜ 252㎜ 304㎜

服装

シンガポールは年中高温多湿ですので、夏服をご用意ください。雨季、乾季ともにエアコンが強めに効いている所が多いので、ジャケットやカーディガンがあると便利です。また、特に乾季は日差しが強いので帽子や日傘などが必要です。


お持ち物

・折りたたみ傘(日傘兼用があれば便利です)、雨具
・プラグセット(日本製品を使う場合)
・カメラ、ビデオ、携帯電話等の充電器、メモリーカード
・洗面用具一式
・常備薬
・ウェットティッシュ、ポケットティッシュ
・保湿クリームやリップクリーム(乾燥対策)
・日焼け止めクリーム、帽子、サングラス(日本と違い日差しが強いです)


国際電話のかけ方

[シンガポールから日本へ電話する場合]
001(国際電話識別番号)+ 81(日本の国番号)+ 相手先の電話番号(市外局番の最初の「0」をとる)

[日本から台湾へ電話をする場合]
001、0033、0041、0061など(いずれかを選択します。マイライン登録者は不要) + 010(国際電話識別番号) + 65(シンガポールの国番号) + 相手先の電話番号(市外局番の最初の「0」をとる)
※国際電話接続番号…001(KDDI)、0033(NTTコミュニケーションズ)、0061(ソフトバンクテレコム)

【現地から日本へ】
00+81(日本の国番号)+市外局番(0は省略)+相手の番号
※ホテルのお部屋からかける場合は、00の前に特定の番号をつける場合があります。


郵便

日本へのエアメールの場合、ハガキ、エアログラムがS$0.5、封書は20gまでがS$1.1で、10g増すごとにS$0.35ずつ加算されます。小包の目安は500gまでがS$33.6、その後500g増えるごとにS$7.15ずつ加算されます。


※外務省/各国・地域情勢 参照

※MSN天気予報、世界気象機関(WMO) データ参照