チュニジア 現地情報
〜旅の準備にお役立てください〜

基本情報

国名:チュニジア
面積:16万3,610平方キロメートル
人口:1,140万人(2016年、世銀)
時差:日本より-8時間
宗教:イスラム教スンニ派(ごく少数だがユダヤ教、イスラム教シーア派、キリスト教も信仰されている)
公用語:アラビア語(公用語)、フランス語(国民の間で広く用いられている)

*おはよう・・・サバーハルヒール
*こんにちは・・・アッサラーム・アレイコム
*ありがとう・・・シュクラン
*さようなら・・・ビッサラーマ
*はい/いいえ・・・ナーム/レー


通貨・両替・チップ

【通貨】

チュニジア・ディナール(TND) 補助通貨単位はミリーム    

【両替】

※日本国内での両替はできませんので、現地で両替をご案内いたします。両替は、現地の空港やホテルでUSドルやユーロから両替することが可能です。
※USドルやユーロがそのまま使用できる所もありますので、少額紙幣を多めにお持ちになると便利です。

【チップ】

「ホテル」枕チップ一人USドル1程度。ツアーでご参加の場合ポーターへのチップは不要です。


電圧/プラグ

電圧:220ボルト 周波50Hz
プラグタイプ:Cタイプ


水道水は飲料用に適していませんので、ミネラルウォーターをお飲みいただくことをお勧めいたします。


気温

チュニス

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温 16℃ 17℃ 18℃ 21℃ 25℃ 29℃ 33℃ 33℃ 30℃ 25℃ 21℃ 17℃
最低気温 7℃ 7℃ 8℃ 10℃ 14℃ 17℃ 20℃ 21℃ 19℃ 16℃ 11℃ 8℃
降水量 59.3㎜ 57㎜ 47.2㎜ 38㎜ 22.6㎜ 10.4㎜ 3.1㎜ 7.1㎜ 32.5㎜ 65.5㎜ 56㎜ 66.8㎜

トズール

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
最高気温 16℃ 18℃ 23℃ 27℃ 32℃ 37℃ 40℃ 40℃ 35℃ 29℃ 21℃ 16 ℃
最低気温 6℃ 7℃ 10℃ 14℃ 18℃ 23℃ 25℃ 25℃ 22℃ 17℃ 11℃ 7℃
降水量 16㎜ 11㎜ 19㎜ 18㎜ 12㎜ 3㎜ 0.1㎜ 3㎜ 9㎜ 12㎜ 12㎜ 12㎜

服装

※朝晩と日中の気温差がありますので、調整のしやすい重ね着ができる服装がおすすめです。
※徒歩での観光が多いので、履きなれた靴をお持ちください。また砂埃で靴が汚れやすくなりますので、観光中は汚れても構わない靴をお勧めします。

【冬】
天候によっては10℃前後になることもあるため、コートなどの上着をお持ちください。

【春】【夏】【秋】
※日中は日差しが強いためサングラスや日焼け止めなどの日よけをご用意ください。日中は暑くても、湿気がなくカラっとしていますので、日焼けを気にされる方は長袖の薄手のシャツなどをご用意ください。


お持ち物

※リップクリーム、のど飴、マスク(乾燥予防の 為)
※ティッシュ、ウェットティッシュ
※帽子、サングラス、スカーフ(日よけ、砂埃よけの為)
※ドライヤー(ホテルによってはご用意していない所もあります)
※常備薬
※カメラのメモリーカード、充電器など
※プラグセット、変圧器


国際電話のかけ方

【日本(固定電話)から現地へ】 KDDI 011(※)/NTTコミュニケーションズ 003(※)+010+216(チュニジアの国番号)+市街局番(0は省略)+相手の番号 
※マイライン登録済の場合は不要です。 
※携帯電話からの掛け方は携帯電話会社や機種の設定により異なります。

【現地から日本へ】
00+81(日本の国番号)+市外局番(0は省略)+相手の番号
※ホテルのお部屋からかける場合は、00の前に特定の番号をつける場合があります。


郵便

日本へのエアメールの場合、ハガキおよび20~50gまでの封書が0.6~0.7ディナール、だいたい1週間から12日間くらいで届きます。



滞在時のご注意

ホテルの朝食会場や空港で荷物を置いたままにしないことや、観光中も荷物に注意することが大切です。また必要以上に着飾るとターゲットになりやすいのでご注意ください。


※外務省/各国・地域情勢 参照

※MSN天気予報、世界気象機関(WMO) データ参照