_
_

地中海に輝くイタリアの至宝 サルデーニャ島

ホームツアーを探す > 地中海に輝くイタリアの至宝 サルデーニャ島
  • サルディーニャ島の南の玄関口 カリアリ

ツアーのポイント

サルデーニャの紋章
サルデーニャの紋章 
新規コース イタリアの至宝 サルディーニャ島へ

古代よりフェニキア、ローマ、アラブ、スペインなど様々な民族の支配下に置かれてきたサルデーニャ島では、独自の歴史、文化が育まれました。イタリア本土とは異なる、新しいイタリアの魅力をご案内します。


「ネプチューンの洞窟」
「ネプチューンの洞窟」 
豊かな自然が息づく島

石灰岩の崖や岩山、鍾乳洞など、ダイナミックな景観もサルデーニャ島の魅力のひとつ。また、山岳地帯では、豊かな緑と羊たちののどかな風景が広がります。


サルディーニャ島の伝統衣装(ヌォーロの博物館にて)
サルディーニャ島の伝統衣装(ヌォーロの博物館にて) 
サルディーニャ島の秘境 山岳地帯へ

サルディーニャ島中央部の山岳地帯には、独自の歴史、文化が息づき、最もサルデーニャらしい地域とも言われています。壁画の残る街や、伝統文化を紹介した博物館を訪れ、サルデーニャ島の伝統文化をご紹介します。また、伝統的な衣装を身につけた人々の踊りや、サルデーニャ伝統の歌声を、夕食とともにお楽しみいただきます。


バルーミニに残るヌラーゲ
バルーミニに残るヌラーゲ 
世界遺産バルーミニのヌラーゲ

「ヌラーゲ」とは、サルデーニャ島各地に約7,000ほどが残る謎の石積みの塔。紀元前2000~800年頃にかけて興ったヌラーゲ文明の遺物で、当時の監視塔とも宗教的建造物ともいわれますが、建設の目的は未だはっきりとは解明されていません。謎に満ちた巨石の島の魅力に迫ります。


アルゲーロの街角
アルゲーロの街角 
スペインの影響を受けた城塞の街 アルゲーロ

アルゲーロは14世紀から約400年間、スペインのアラゴン家によって支配されていたため、現在でもスペイン文化の影響が色濃く残っています。中世の面影を残す旧市街の散策をお楽しみください。


こだわりのホテル

-
サルディーニャ島/アルゲーロカルロス5世CARLOS V

サルデーニャ島北西の町、アルゲーロの旧市街から徒歩約10分の海岸沿いに位置するホテル。客室はモダンな木目調の家具やファブリックなどで品よくまとめられ、落ち着いた雰囲気が漂います。

外観
外観
海岸沿いに建つホテル
海岸沿いに建つホテル



写真は全てイメージです。

"_
_

Page Top